膿栓(臭い玉)を除去したい

口臭の原因と思われがちな膿栓。安易に除去しようとすると、かえって状態は悪化してしまいます。ホワイトエッセンスでは、そもそも膿栓を発生させない、予防メニューを揃えています。ここでは、膿栓の原因と、除去の方法、予防法をご紹介します。

膿栓の原因

膿栓とは、扁桃のボコボコした部分にできる化膿物の小さな塊のことです。白や黄色い色をしており見た目はチーズのよう。潰すと非常に臭いことから俗称で「臭い玉(くさいだま、においだま)」 と呼ばれています。

それでは、なぜ膿栓ができるのでしょうか?人間の体内には、鼻や口から気管を通じ肺に向かって常に病原体やウイルスが入ってきます。リンパ球の集合体である喉の奥の扁桃が、口や鼻から侵入した細菌・ウイルスと戦う役割を果たしているのです。扁桃には細菌を効率よく死滅させるためにボコボコしている部分があります。ここに 侵入してきた細菌やウイルスと戦った扁桃組織の炎症産物や、食物のカスが白くなって溜まります。これが膿栓の正体です。

膿栓には、1億~2億もの細菌がいるといわれており、バクテロイデスという腸内悪玉菌も多くみられます。
膿栓が持つドブのようなニオイは、寝起きや空腹時などに感じるニオイと同様のものです。寝起きや空腹時は、だ液の分泌が少なくなり、口内が乾燥して口内の菌が増えます。その増殖した細菌がたんぱく質を分解する時にドブのようなニオイのガスを発生させてしまうのです。

膿栓は除去した方がいい?

膿栓を無理やり取ろうとすることはおすすめしません。無理に除去すると、扁桃の組織に傷がつき扁桃炎になってしまい、かえって膿栓が増えるきっかけになってしまいます。
また、膿栓自体はとても臭いため、口臭の原因になるのではないかと思われがちですが、膿栓そのものは根本的な口臭の原因になるとは考えづらいです。なぜなら、膿栓は潰さない限り悪臭が発生することはありません。そして、膿栓は人間の免疫反応で発生するもので、誰でも口の中に持っている可能性が高いのです。多くの人々は食事で食べ物が喉を通過するときに一緒に膿栓も流れてしまうといわれています。

膿栓を取り除くには、耳鼻科等で対応している場合もありますが、一度取り除いてもすぐにできてしまいます。膿栓そのものを取り除くよりも、膿栓をなるべく発生させないための体質改善を目指しましょう。

膿栓の予防方法

膿栓は乾燥している口腔内にできやすいため、だ液の分泌を促して口腔内を潤すこと、また膿栓の原因になる細菌を体内に侵入させないために、口内を清潔にすることが大切です。殺菌効果のある歯磨き粉やマウスウォッシュがおすすめです。
また、だ液には抗菌・殺菌の作用もあり、だ液を出すことで口腔内の細菌の繁殖が抑えられ、膿栓や口臭の発生を抑えることができます。そこでおすすめなのが、だ液腺マッサージです。口の中にあるだ液腺を刺激することで、だ液の分泌を促し、口腔内を潤します。

オーラルスパ
内容:歯石取り(スケーリング)、フロッシング、PMTC、舌クリーニングなど 費用(自費):8,800円〜14,300円(税込) 期間、回数:通常1日、1回(内容により異なります) 副作用・リスク:知覚過敏の方は、刺激を感じる場合があります。

SUPERVISING DOCTOR監修医師

歯科医師 大河原典果

歯科医師 大河原典果

  • 1997年新潟大学歯学部卒業
  • 1997年獨協医科大学医学部口腔外科学講座入局
  • 2003年ホワイトエッセンス渋谷勤務
  • 2004年ホワイトエッセンス本部勤務 研究