アイス、かき氷、シェイク… 冷たいものが歯にしみる「知覚過敏」の原因って何?

かき氷


冷たいものや甘いものを食べたり、風が当たったりしたときに、歯がキーンとしみる知覚過敏。経験がある方なら分かると思いますが、この独特な痛みは、とてもツラいもの。特に、アイスやかき氷、シェイクにキンキンのビールなど、冷たいものがおいしい夏は、知覚過敏の人にとっては危険な季節です…。

一体、知覚過敏はなぜ起こってしまうのでしょうか?また、一度かかってしまっても、治すことはできるのでしょうか?そして、予防は可能なのでしょうか?今回は、そんな知覚過敏の謎に迫りました。

知覚過敏はなぜ起こる?

知覚過敏の女性
知覚過敏とは、歯の内側にある神経(歯髄)に外部からの刺激が伝わって痛みが起こることをいいます。健康な歯の表面はエナメル質に覆われているので、外部からの刺激があっても普通は神経にまで届きません。しかし、何らかの理由でエナメル質が薄くなるなどして、その奥にある象牙質の部分がむき出しになってしまい、神経が刺激されて痛みを感じたりしみたりするようになるのです。

そして、エナメル質がすり減って象牙質が露出する原因には、さまざまな日常生活習慣が関係しています。

▼間違った歯磨き

「歯磨きは念入りにしているのに、知覚過敏で悩んでいる」という方がいたら、それは歯磨きの仕方が間違っているのかもしれません。キレイに磨きたいからと、歯ブラシでついゴシゴシ磨いていませんか?力を入れ過ぎると、歯を保護しているエナメル質を傷つけてしまいます。しかも、市販の歯磨き粉の多くには研磨剤が入っているので、まるでクレンザーのついたタワシで歯を磨くようなもの。ゴシゴシと磨くのは、逆に歯に悪影響を及ぼすので注意が必要です。

▼参考記事
「間違った歯磨き」が問題!? 歯を大事にする人ほど知覚過敏になる落とし穴

▼歯ぎしり・噛みしめ

歯ぎしりや強い噛みしめも、エナメル質を傷つけてしまう原因の1つ。歯を噛みしめる力は、約50kgともいわれており、歯や歯茎に相当な負担がかかっています。しかし、こうした行為はストレスなどが原因で、寝ている間などの無意識のうちにしていることが多いため、自分では気づかないこともしばしば…。家族の誰かにチェックしてもらい、こうした症状が出ていることに気づいたら、忙しい日常生活を見直すことも必要でしょう。

▼虫歯・歯周病

エナメル質が削られる、薄くなるという点では、虫歯や歯周病でも同じことがいえます。虫歯が進行して歯が溶け、象牙質が露出するまでになると、知覚過敏を引き起こします。歯周病の場合、歯と歯茎の間に細菌が繁殖し、歯を支える骨(歯槽骨)を溶かすことで歯茎が下がってくるので、同様に知覚過敏になりやすくなります。

▼酸蝕歯(さんしょくし)

これは字の通り、が歯のエナメル質を蝕んだ状態のこと。酸を含む食品を多く摂っていると、口の中が酸性に傾き、酸蝕歯になりやすいといいます。スポーツドリンクや、オレンジなどのフルーツ酸、美味しいワインも酸性。夏なら炭酸ジュースやビール、サワーなどもおいしい季節ですが、もちろんこれらも酸性です。エナメル質が酸で柔らかくなっている時に歯磨きをすると、一気にエナメル質を削ってしまう可能性があるので注意しましょう。

▼参考記事
美容に良いあのフルーツも実は危険…?歯が溶ける「酸蝕歯」の恐怖

▼加齢

加齢とともに、口内環境も悪くなります。40代以上は、歯周病で歯を失う率が高いというデータも。また、歯周病でなくても、加齢現象として歯茎は次第に弾力を失い、下がり気味になってきます。すると、やはり象牙質が表に出やすくなるので、知覚過敏を引き起こすことに。年をとると知覚過敏に悩む人が増えるのには、こうした理由があるのです。

知覚過敏を予防・改善する方法は?

歯ブラシとマウスピース
知覚過敏は一時的なものであり、事前に予防することや再発しないように防ぐこともできます。

1.正しい歯磨き

ゴシゴシ磨きをやめ、力を抜いてブラッシングしましょう。手首に力を入れず、小刻みに歯ブラシを当てていくことがポイントです。積極的に知覚過敏を予防・改善したいのであれば、エナメル質を強化するフッ素入り磨き粉を選ぶのがおすすめ。また、知覚過敏専用の歯磨き粉もありますので、症状に合わせて選ぶといいですね。

2.歯科医院を受診する

本格的に知覚過敏を予防・改善したい場合は、歯科医師に相談しましょう。歯科医院では、フッ素化合物や特殊なコーティング材など、一般市場では市販されていない「知覚過敏抑制剤」を塗布して処置をしてくれるのが一般的。歯磨きなどのセルフケアで改善されない場合は、すみやかに歯科医師に相談してください。予防対策として、定期的にフッ素コーティングを受けるのもおすすめです。

3.ホワイトニング中の知覚過敏対策

歯のホワイトニング中でも、知覚過敏の予防・対策は可能です。歯科医院でオフィスホワイトニングをされている場合、施術前に知覚過敏抑制剤を塗布する方法と、施術中や施術後に痛みを伴った場合に処置する方法があります。過去に知覚過敏の経験がある方や、痛みに不安を感じる方は、歯科医院で相談してみてください。

また、ホームホワイトニングをされている方なら、ホワイトニング中に知覚過敏対策ができるアイテムが便利です。ホワイトエッセンスのようなデンタルエステサロンで販売している知覚過敏抑制剤は、ホワイトニングジェルと同じように、マウスピースに入れて15〜60分ほど装着するだけ。それだけで、知覚過敏の症状を軽減させることができます。また、他にも歯科医院でしか扱っていない知覚過敏抑制剤があります。

おわりに

アイスキャンディ
知覚過敏は、いつでも誰にでも起こりうるもの。しかし、歯がしみても「よくあることだから」と放っておくと危険です。症状が進行し、抑制剤が効かなくなってしまうと、最悪の場合は歯の神経(歯髄)を抜くしかないということになる可能性も…。そうならないためにも、正しい知識を持っておくことが大切です。この機会に、ぜひ普段の生活習慣やオーラルケアを見つめ直してみましょう。

 

ホワイトエッセンスでは、お口の健康をトータルでサポートしています。

 

ホワイトエッセンス 歯の健康サポート

(編集・執筆:サムライト


You Might Also Like

ホワイトエッセンス 2015年9月1日