美容に良いあのフルーツも実は危険…?歯が溶ける「酸蝕歯」の恐怖

柑橘系フルーツ


あなたは酸蝕歯という言葉をご存知でしょうか?私たちの歯は、虫歯以外でも、普段の食生活が原因で歯が溶けてしまうことがあります。その状態の歯を酸蝕歯と言うのです。

健康や美容に良い食べ物の中にも、実は酸蝕歯になりやすいものがあります。意外と身近にあるのに知られていない、酸蝕歯。今回はその恐ろしさについてご紹介します。

実は身近にあった「酸蝕歯」のトラブル

溶けるイメージ

こんな症状が出たら、酸蝕歯の疑いアリ

まずは鏡で口の中を確認してみましょう。歯の角が丸くなっているところはありませんか?歯のエナメル質がすり減り、下の象牙質が透けて見えて歯が黄色っぽくなったりしていませんか?もしもこれらに当てはまるなら、酸蝕歯の疑いが濃厚です。

また、パッと見た感じは何ともなくても、酸蝕歯になっている可能性があります。ライトを照らすと歯が透けて見える場合や、冷たいものや熱いものを口に入れたときに歯がしみる場合は、同じく要注意です。

飲食物に含まれる「酸」が歯を溶かす

酸蝕歯の主な原因は、食べ物や飲み物の「酸」にあります。酸は、酸っぱいものによく含まれています。

歯の表面は主にエナメル質という硬い組織でできていますが、実は酸に触れると一時的に柔らかくなるという特徴があります。したがって、酸の影響を過剰に受けるとこのエナメル質が溶けて、歯がすり減ったり、薄くなったり、穴が開いたりしてしまうのです。

一度溶けた歯は、もう元には戻らない

酸蝕歯の真の恐ろしさは、一度溶けてしまった歯は二度と元に戻らないという点にあります。歯に薬剤を塗る、詰め物をするといった治療法もありますが、以前と同じ歯を取り戻すことはできません。

だからこそ、そうなる前に予防することが重要です。というわけで、次には酸蝕歯になりやすい飲食物をご紹介しましょう。

酸蝕歯になりやすい食べ物•飲み物

炭酸のカクテル

炭酸飲料

炭酸飲料を飲むと歯が溶ける」なんて話は、誰でも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。実際、炭酸飲料は二酸化炭素を高圧で溶かした酸性の液体なので、あながち間違いではありません。

コーラやサイダーといった王道の炭酸ジュースだけでなく、ビールやチューハイなどのアルコール飲料ウコン飲料栄養ドリンクなども、酸性度の高い炭酸飲料に含まれます。

健康ドリンク

体に良いと言われ、多くの人が日常的に飲んでいる健康ドリンクにも、実は酸蝕歯につながりやすいものが多く存在します。

たとえば、野菜ジュースヨーグルト飲料黒酢ドリンクなど。また、健康志向の女性に注目されているワインにも、実は酸が多く含まれています。

柑橘系の果物

美肌をつくる食べ物として知られる果物も、酸蝕歯を引き起こす要因となる可能性があります。特にレモン、オレンジ、グレープフルーツ、ゆずなどのいわゆる柑橘系の果物は、その酸っぱさが示す通り、かなり酸性度の高い食べ物です。

マヨネーズやドレッシングのかかったサラダ

マヨネーズがかかったサラダ
健康やダイエットのために多くの女性が積極的に食べているサラダも、食べ方によっては注意が必要になってきます。サラダにかけるドレッシングマヨネーズには、酸性の強い「酢」が含まれているからです。

もちろんサラダに限らず、マヨネーズやポン酢などを使った料理はやはり酸性度が高くなります。

液体•粉状•顆粒状のサプリメント

健康食品の代表的存在であるサプリメントも、種類によっては酸蝕歯の原因となり得ます。サプリメントにはビタミンCクエン酸を含むものが多いので、液体のものや、水に溶かしてのむ粉状・顆粒状のものを日常的に飲んでいる人は注意が必要です。

まとめ

口をゆすぐ女性
よく「酸っぱいものは体に良い」なんて言われますが、闇雲に食べるのはかえって危険です。睡眠時の口内を中性にするために夕食では酸性の強いものを避けるなど、摂取の仕方や量には十分注意しましょう。

また、食後は酸を口の中にとどめておかないように、水や緑茶で口をゆすぐ、キシリトールガムを噛むなどの対策を取るのもおすすめです。

ちなみに、食後に歯磨きをする場合は、30分ほど間を空けましょう。食後すぐに歯を磨くと、かえってエナメル質を溶かす原因になります。健康な白い歯を保つためには、正しい知識を持って予防に取り組むことが大切です。

 

ホワイトエッセンス 歯の健康サポート

(編集・執筆:サムライト


You Might Also Like

ホワイトエッセンス 2015年2月26日