whiteessence

歯が痛い、歯痛を抑えたい

つらい歯の痛みをなんとかしたい!という方に。ここでは、歯の痛みの抑え方やその原因、そのまま放置するリスクをご説明します。しかし、痛みの抑え方はあくまで対処法。ホワイトエッセンスではクリーニングメニューを揃え、歯の痛みの原因となるむし歯や歯周病を予防することができます。

歯が痛くなる原因

歯が痛くなる主な原因に、むし歯や知覚過敏などがあります。
むし歯で歯が痛くなるのは、ある程度むし歯が進行している状態です。歯は大きく3つの構造でできています。表面の硬い層がエナメル質、その先の中間層が象牙質、1番奥が神経や血管が通っている歯髄です。むし歯の進行がエナメル質までの間は痛くありません。しかし、象牙質までむし歯が進行すると、その先にある神経が冷たいものなどで刺激されて痛みを感じます。さらにむし歯菌が歯髄にまで及ぶと、炎症(歯髄炎)が起き、強い痛みを感じるようになります。

むし歯以外で多い歯の痛みの原因が、知覚過敏です。冷たいものや歯ブラシの刺激などで感じる痛みです。これは、歯周病などによって歯ぐきが下がり、象牙質があらわになることで起こります。象牙質まで届いた刺激が内部の神経に伝達され、それを痛みととらえます。また、極端に冷たいものなどは、温度がエナメル質の上から内部の象牙質にまで伝わって痛みを感じます。知覚過敏は一過性の痛みで、日常でもよく見られる症状です。

この他、歯周病や歯の根の病気(根尖病変)、事故などによる破折、かみ合わせの悪さ(不正咬合)、内臓の痛みからくる関連痛でも歯が痛む場合があります。

歯の痛みをそのままにすると…

むし歯が原因の歯の痛みをそのままにして、むし歯が歯髄にまで達してしまうと、しばらくしてその歯の神経は死んでしまったり、腐ったりしてしまいます。さらには腐った神経に触れていた歯の根の先に炎症が起こり、膿がたまる根尖病変になったり、炎症が周囲に及んでしまったりすることもあります。
また、歯周病が原因の歯の痛みをそのままにすると、歯が抜けてしまうだけでなく、ガンや心筋梗塞など全身疾患を誘発します。
歯の痛みはそのままにせず、必ず歯医者に行って診察を受けましょう。

歯の痛みの抑え方

まずは、痛み止めを飲みましょう。それから、患部を冷やすことも効果的です。血流の流れが緩やかになり、痛みが和らぎます。また、炎症が悪化しないように、歯磨きとうがいをして患部を清潔に保ちましょう。そのときは痛みのある部分を直接刺激しないように注意してください。 ただし、これらは応急措置のため必ず歯医者に行って適切な処置をしてもらいましょう。

歯が痛いときの注意点

入浴や激しい運動は控えましょう。血行が促進されると神経が圧迫されるため、かえって歯の痛みが増してしまいます。飲酒も同様で、痛みを感じる中枢神経がアルコールで一時的に鈍化することもありますが、血行がよくなるため後から痛みが出てきます。
喫煙や刺激の強い飲み物も、歯を刺激してしまうため控えた方がいいです。

関連ページ

「あなたの歯が白くない原因」がわかります。
無料カウンセリング実施中!

「まずは相談してから決めたい方」
「いっぱいメニューがあってどれが自分に合うのか分からない方」
全国のホワイトエッセンスでは、実際にお客様の歯のお色を見ながら
無料でカウンセリングもしています。お気軽にご相談ください。

無料カウンセリングを予約する

「あなたの歯が白くない原因」がわかります。無料カウンセリング実施中!

「まずは相談してから決めたい方」「いっぱいメニューがあってどれが自分に合うのか分からない方」全国のホワイトエッセンスでは、実際にお客様の歯のお色を見ながら無料でカウンセリングもしています。お気軽にご相談ください。

無料カウンセリングを予約する

ご予約・お問い合わせご予約・お問い合わせ