whiteessence

知覚過敏を治したい

キーンと歯がしみる知覚過敏、できることなら治したいですよね。ホワイトエッセンスでは、知覚過敏抑制に効果のあるフッ素塗布のメニューをご用意しています。ここでは、知覚過敏の原因から治し方までご説明します。

知覚過敏の原因

知覚過敏とは、アイスやカキ氷を食べたときにキーンとなるといった、歯がしみること、痛みを感じることをさします。
そもそも知覚過敏は、歯の象牙質に刺激が届き、その刺激が内部の神経に伝達されるため起こります。象牙質は歯の表層を覆うエナメル質の下にあるため、通常こうした痛みを感じることはありません。しかし、極端に冷たいものなどは、温度がエナメル質の上から内部の象牙質にまで伝わって痛みを感じます。
知覚過敏のポイントは、正常な歯でも起こることです。「虫歯や歯周病などの口の中の病気」以外で起こる一過性の痛みと考えるとわかりやすいです。一時的な痛みなので刺激がなくなれば必ずもとに戻りますし、日常でもよく見られる症状です。

知覚過敏の治し方

知覚過敏が気になる場合は、歯の再石灰化を促すことや、知覚過敏を抑制できる硝酸カリウムやシュウ酸が含まれた歯磨き粉を使うこと、露出した象牙質の表面にコーティング剤を塗布することで治すことができます。

歯の再石灰化を促すにはフッ素が効果的です。そもそもお口の中は「脱灰」と「再石灰化」を繰り返しています。毎日の食事を通して虫歯菌が食べカスを取り込んで酸を出します。それが歯に付着することで、歯の表面からカルシウムやリンが溶け出してしまいます。これが脱灰です。フッ素は、歯の表面のミネラルと結びついて歯を硬くすることができます。溶け出したカルシウムやリンを歯に再び吸収する作用「再石灰化」を促進して歯を丈夫にすることで、刺激を象牙質まで届きにくくします。

歯の再石灰化を促すにはフッ素が効果的です。そもそもお口の中は「脱灰」と「再石灰化」を繰り返しています。毎日の食事を通して虫歯菌が食べカスを取り込んで酸を出します。それが歯に付着することで、歯の表面からカルシウムやリンが溶け出してしまいます。これが脱灰です。フッ素は、歯の表面のミネラルと結びついて歯を硬くすることができます。溶け出したカルシウムやリンを歯に再び吸収する作用「再石灰化」を促進して歯を丈夫にすることで、刺激を象牙質まで届きにくくします。

関連ページ

「あなたの歯が白くない原因」がわかります。
無料カウンセリング実施中!

「まずは相談してから決めたい方」
「いっぱいメニューがあってどれが自分に合うのか分からない方」
全国のホワイトエッセンスでは、実際にお客様の歯のお色を見ながら
無料でカウンセリングもしています。お気軽にご相談ください。

無料カウンセリングを予約する

「あなたの歯が白くない原因」がわかります。無料カウンセリング実施中!

「まずは相談してから決めたい方」「いっぱいメニューがあってどれが自分に合うのか分からない方」全国のホワイトエッセンスでは、実際にお客様の歯のお色を見ながら無料でカウンセリングもしています。お気軽にご相談ください。

無料カウンセリングを予約する

ご予約・お問い合わせご予約・お問い合わせ