whiteessence

歯茎の膿、出血を治したい

実は、歯ぐきの膿や出血の多くは歯周病が原因です。膿や血が出るようになると、かなり歯周病が進行している状態なので、そうなる前の予防が大切になります。ホワイトエッセンスでは、痛みをほとんど感じることなく、癒やされながら歯ぐきの膿や出血を予防できるメニューをご用意しています。ここでは、歯ぐきの膿や出血の原因からそのまま放置するリスク、治し方・予防メニューまでご説明します。

歯ぐきの膿・出血の原因

歯周病で膿・血が出る

歯周病の原因は、歯垢(プラーク)と歯石です。歯垢は細菌の塊で、1gの中に100億の細菌が潜んでいます。歯石は歯垢が石灰化して固まったもので、歯石には歯垢がつきやすくなります。
その歯垢の中に潜むP.g菌は毒素のあるガスを噴き出します。そのガスにより、歯ぐきが腫れて血が出てしまうのです。
歯周病をそのままにしておくと、やがて炎症は歯ぐきの内側へと広がり、歯槽骨(歯の周りの骨)が溶け出します。歯槽骨が溶けると歯がぐらつき始め、膿が出ることもあります。

歯ぐきの炎症で膿・出血が出る

歯周病とは関係なく、歯ぐきの炎症から膿や血が出る場合もあります。
細菌に感染すると、歯ぐきから膿が出ることがあります。親知らずが原因の場合は智歯周囲炎と呼ばれ、横向きや頭が完全に歯ぐきから出ていない親知らずに起きやすいです。親知らずと歯ぐきの間に汚れが入り込み、中で炎症が起こることで膿が出てしまいます。

歯の根の病気で膿が出る

歯の根の先に炎症が起こり、膿がたまる病気を「根尖病変」といいます。
むし歯をずっとそのままにするなど、歯の根管内にまで細菌が感染してしまって起こります。神経を失った歯は、神経のある歯に比べて根尖病変になりやすいので注意が必要です。

歯磨きで血が出る

歯磨きが強すぎる場合も、歯ぐきから血が出てしまうことがあります。
歯を磨くときにブラシ圧が強いと、歯ぐきが傷ついてしまいます。歯磨きのときは優しく歯を磨いてあげましょう。ゴシゴシと強い力で歯を磨くと、かえってブラシの毛先が寝てしまい、歯垢を取り除くことができません。

また、タバコ、妊娠や更年期、ドライマウス、歯ぎしりによって、歯ぐきから血が出ることもあります。タバコを吸うと、歯ぐきの毛細血管が収縮してしまい、血の流れが悪くなることで歯ぐきが腫れやすくなってしまいます。妊娠中や更年期の方も、ホルモンバランスの変化によって血流が増え、歯ぐきから血が出やすくなります。また、ドライマウスの方は、お口の中が乾燥している状態です。そうするとだ液の膜がなくなり、歯ぐきの炎症が起きやすくなってしまいます。歯ぎしりをする方も要注意で、歯が揺さぶられることで歯ぐきに炎症が起きることがあります。

歯ぐきの膿・出血をそのままにすると…

歯ぐきの膿や血は、歯周病が原因の場合が多いです。歯ぐきから膿が出るときは、歯周病がかなり進行してしまっている「歯槽膿漏」と呼ばれる状態です。歯槽骨が溶けて歯がグラつき、やがては歯が抜けてしまいます。また、歯周病菌は歯ぐきから血液に侵入し、血液の流れにのって全身を移動します。歯周病菌は動脈硬化を引き起こして狭心症・心筋梗塞や脳梗塞を発症させるリスクがある他、糖尿病やメタボリックシンドロームとも強い関係性があるといわれています。
歯ぐきから血が出る場合は、歯槽膿漏の手前の「歯肉炎」と呼ばれる状態です。そのままにしておくと歯周病が進行して歯槽膿漏になります。

歯ぐきの炎症をそのままにしてしまうと、細菌の感染が周囲に広がっていきます。炎症があごの骨の奥や周囲の筋肉にまで広がって重症化すると、入院が必要な場合もあります。

また、歯の根の病気である根尖病変をそのままにしておくと、根の先が溶けてしまい、根の表面に細菌が住み着いてしまいます。他の健康な歯やあごの骨に感染してしまうこともあります。

歯ぐきの膿・出血の治し方

歯ぐきから膿が出る場合はもちろんですが、血が出る場合も、歯医者に行って診察をしてもらいましょう。
歯周病の場合、治療は、口腔清掃指導(歯磨き指導)と、スケーリング(歯石取り)・SRP、外科治療の3段階に分かれます。SRPはスケーリング・ルートプレーニングのことで、歯と歯ぐきの境目より下の歯石を取り、歯の表面を滑らかにすることです。
歯ぐきが腫れて血が出ている場合は、口腔清掃指導とスケーリングに加えて、SRPをすることがあります。歯槽膿漏で歯がグラグラしている場合は、外科治療が必要となることがあります。

根尖病変の場合、根管治療をします。歯髄の通っている根管の治療は、まず、局所麻酔をして神経を抜いたり(抜髄)、腐ってしまった根管を取り除いたり(感染根管治療)します。その後、細菌のいる根管をきれいに掃除し、詰め物をして再び細菌が入らないようにします。
その他の理由で歯ぐきが細菌に感染している場合も、細菌を除去する治療をしていきます。

歯ぐきから膿や血が出てくるそのときには、すでに歯周病などの病気が進行してしまっている場合が多いです。治療も、軽度の歯周病や通常のむし歯に比べて大掛かりなものになるため、そうなる前の予防が大切になります。

歯ぐきの膿・出血を予防したい方には、ホワイトエッセンスのクリーニングがおすすめです。
100時間以上の専門研修を受けて認定試験に合格した歯科衛生士のみが、世界中から厳選された機器と薬剤を使用し、施術を担当します。歯石や着色を完全に取り除きながら、痛みをほとんど感じず、ウトウト眠れるほど気持ちのよい施術が特徴です。
また、ホワイトエッセンスでは、歯だけでなく、歯ぐきや舌などお口の中全体をきれいにすることができます。お口の中がスッキリ軽くなり、クリーニング後の食事では味の繊細さが楽しめます。

関連ページ

「あなたの歯が白くない原因」がわかります。
無料カウンセリング実施中!

「まずは相談してから決めたい方」
「いっぱいメニューがあってどれが自分に合うのか分からない方」
全国のホワイトエッセンスでは、実際にお客様の歯のお色を見ながら
無料でカウンセリングもしています。お気軽にご相談ください。

無料カウンセリングを予約する

「あなたの歯が白くない原因」がわかります。無料カウンセリング実施中!

「まずは相談してから決めたい方」「いっぱいメニューがあってどれが自分に合うのか分からない方」全国のホワイトエッセンスでは、実際にお客様の歯のお色を見ながら無料でカウンセリングもしています。お気軽にご相談ください。

無料カウンセリングを予約する

ご予約・お問い合わせご予約・お問い合わせ