whiteessence whiteessence
  • ご予約・お問い合わせ
  • ×

歯茎の痛みを治したい

歯ぐきの痛みは、その原因によって治し方が異なります。それに対して、予防法はお口を清潔に保つこと。ホワイトエッセンスでは、痛みをほとんど感じることなく、癒やされながら歯ぐきの痛みの原因となる歯周病や根尖病変を予防できるメニューを揃えています。ここでは、歯ぐきの痛みの原因からそのまま放置するリスク、治し方・予防メニューまでご説明します。

歯ぐきが痛くなる原因

歯ぐきが痛くなる主な原因は、歯周病や根尖病変、親知らずなどによるものです。

歯周病

歯や歯石に付着した歯垢の中に潜むP.g菌は、毒素を含んだガスを放ち、歯ぐきや歯の根本を攻撃します。そのままにしておくと、歯ぐきが下がり、歯がグラグラしてきます。また、歯ぐきが赤く腫れ上がり、ズキンズキンと痛みます。

根尖病変

歯の根の先に炎症が起こり、膿がたまる病気を「根尖病変」といいます。
むし歯をずっとそのままにするなど、歯の神経が通っている根管内にまで細菌が感染してしまって起こります。歯ぐきが腫れたり、痛みが出たりすることがあります。

歯親知らず

一番後ろの歯ぐきが痛む場合は、親知らずが原因かもしれません。
親知らずは、正常な方向ではなく斜めに生えたり、歯ぐきから完全に出きらないまま生えたりすることが多いです。そうした親知らずと歯ぐきの間には細菌がたまりやすく、炎症が起きて痛みが出ることがあります。

歯ぐきの痛みをそのままにすると…

歯周病が原因の歯ぐきの痛みをそのままにすると、歯が抜けてしまうだけでなく、ガンや心筋梗塞など全身疾患を誘発します。
歯の根の病気である根尖病変をそのままにすると、根の先が溶けてしまい、根の表面に細菌が住み着いてしまいます。さらに、他の健康な歯やあごの骨に感染してしまうこともあります。
また、親知らずが原因の痛みをそのままにすると、細菌の感染があごの骨の奥や周囲の筋肉にまで広がって重症化することがあります。

歯ぐきの痛みの治し方

歯ぐきの痛みの原因を治すには、歯医者に行って診察をしてもらいましょう。
歯周病が原因の場合、治療は、口腔清掃指導(歯磨き指導)と、スケーリング(歯石取り)・SRP、外科治療の3段階に分かれます。SRPはスケーリング・ルートプレーニングのことで、歯と歯ぐきの境目より下の歯石を取り、歯の表面を滑らかにすることです。
歯ぐきが痛むまで進行した歯周病は、外科治療が必要となることもありますので、歯医者さんとしっかり相談しましょう。

根尖病変が原因の場合は、根管治療をします。歯髄の通っている根管の治療は、まず、局所麻酔をして神経を抜いたり(抜髄)、腐ってしまった根管を取り除いたり(感染根管治療)します。その後、細菌のいる根管をきれいに掃除し、詰め物をして再び細菌が入らないようにします。

親知らずが原因の場合は、薬を服用して一時的に痛みが引いても、痛みが再発する可能性があります。そのため抜歯の処置をとるのが一般的です。

歯ぐきの痛みがあるときには、すでに歯周病などの病気がかなり進行してしまっています。治療も、軽度の歯周病や通常のむし歯に比べて大掛かりなものになるため、そうなる前の予防が大切です。

歯周病や根尖病変の予防には、ホワイトエッセンスのクリーニングがおすすめです。
100時間以上の専門研修を受けて認定試験に合格した歯科衛生士のみが、世界中から厳選された機器と薬剤を使用し、施術を担当します。歯石や着色を完全に取り除きながら、痛みをほとんど感じず、ウトウト眠れるほど気持ちのよい施術が特徴です。
また、ホワイトエッセンスでは、歯だけでなく、歯ぐきや舌などお口の中全体をきれいにすることができます。お口の中がスッキリ軽くなり、クリーニング後の食事では味の繊細さが楽しめます。

関連ページ

「あなたの歯が白くない原因」がわかります。
無料カウンセリング実施中!

「まずは相談してから決めたい方」
「いっぱいメニューがあってどれが自分に合うのか分からない方」
全国のホワイトエッセンスでは、実際にお客様の歯のお色を見ながら
無料でカウンセリングもしています。お気軽にご相談ください。

無料カウンセリングを予約する

無料カウンセリング実施中!
「あなたの歯が白くない原因」がわかります。無料カウンセリング実施中!

「まずは相談してから決めたい方」「いっぱいメニューがあってどれが自分に合うのか分からない方」全国のホワイトエッセンスでは、実際にお客様の歯のお色を見ながら無料でカウンセリングもしています。お気軽にご相談ください。

無料カウンセリングを予約する

ご予約・お問い合わせご予約・お問い合わせ