紫外線は5月がピーク!?美白対策は「今」が本番

followtheseinstructions


GWも終わって、しばらく春満喫!と思っていたら夏のような暑さが続き、半袖の出番も増えてきましたね。そうなると避けられないのが肌の露出。今年も女性の天敵が、また一つ姿を現してきました。そう、「日焼け」です。

夏本番に向けて、紫外線対策を始めようかと考えている方も多いと思いますが、実はもう既にシーズン本番が始まろうとしています

というわけで、今回のテーマは「美白対策」。意外と知られていない、紫外線や日焼けのマメ知識を紹介していきます。ぜひ、今からの美白対策にお役立てください。

紫外線が強いのは、真夏の昼間だけじゃない!

「紫外線=真夏のもの」と思っていませんか?
春の野原

5月がピークの紫外線もある

私たちが日常で無意識のうちに浴びている紫外線には、UVA(紫外線A波)、UVB(紫外線B波)の2種類があり、それぞれの紫外線量はピークの時期が異なります。

何となく、紫外線と聞くと「危険なのは真夏」と捉える方が多いかもしれませんが、実はUVAが1年で最も多くなるのは5月。目に見えないので実感しにくいですが、まさに今、凄まじい威力で我々に襲いかかってきているのです。

一方のUVBも、7〜8月にかけてピークに達するものの、5月から急激に量が増えることで知られています。こちらの対策も手を抜いてはいけません。

5月はパッと見ですぐ気付くような日焼けをしないので、油断してしまいがち。しかし、梅雨が明けた頃から「そろそろ日傘をささなくちゃ」と意識し始めるようでは、もう遅いのです。まだ紫外線対策をしていない人は、今すぐ始めましょう

雨の日も侮れない!

rain
Photo by OakeyOriginals

雨の日は太陽も見えず、景色も薄暗いため、紫外線の心配など無用な気がしてきますよね。そう信じたいですよね。しかし、曇りの日でも紫外線は快晴時と比較して60〜80%、大雨の日でさえ30%も紫外線が残ることが分かっています。つまり、晴れていないからと言って決して油断はできないのです!

紫外線量には季節によっても違いがあり、例えば6月の雨天時は、12月の晴天時と同量〜2倍程度にまで迫ります。「今日は雨だから適当でいっか」なんて思っていたら、何年後かに後悔することになるかもしれません…。

時間帯で見る紫外線

1日の紫外線量のピークは正午前後と言われていますが、朝でも日が昇るとかなりの量が地上に届きます。特にUVAは、早朝7時頃から急上昇するため、早起きして気持ちよく朝活をする時でさえ、油断は禁物です。そして、なんとUVAはガラス越しでも関係なく肌まで到達します。家の中にいても、日焼け対策はしっかりしなくてはいけません。

日焼け以外にもこんな悪影響が…

紫外線が私たちの体に及ぼす悪影響は、日焼けだけではありません。注目すべきは、お肌の奥に与える影響です。紫外線には、肌の内側で起こる老化現象を促進する力があり、

■肌のキメが粗くなる
■毛穴が開き、いわゆる「涙形毛穴」になりやすい

など、女性たちが悲鳴を上げそうな肌トラブルをもたらします。しかし、言い換えれば、紫外線対策を取ることによって、美白目的以外にもさまざまな自己プロテクトを行えることになります。

気づいてた!?ケアを怠りがちな、意外と焼けやすい部位

Tobias Lindman
Photo byTobias Lindman

1.足の甲

大体何かを履いているため、まさか焼けないだろうと思いがちな足先。そのため、ついつい日焼け止めクリームを塗り忘れてしまうという方も多いのではないでしょうか。

しかし、足先は立っても座っても真上を向いているため、意外と皮膚が露わになる時間が長く、知らぬ間にたくさん太陽の光を浴びてしまうのです。ちなみに、アメリカの日差しの強い地域では、皮膚ガンの部位として足の甲の割合がとても多いと言われています。

気になる男性の前で裸足になった時、顔や手足は白くてキレイなのに、足の甲だけこんがり焼けていたら…ちょっと恥ずかしいかもしれませんね。

2.膝のウラ側

脚にクリームを塗る際、座って全面に伸ばすことが多いと思いますが、しっかり膝のウラまで行き届いていますか?膝を曲げた状態だとウラ側は死角になってしまい、どうしてもケアを忘れがちになります。

しかし、スカートショートパンツで外を歩いていると、脚にはどこからともなく日差しが照りつけます。前方だけはしっかりガードできても、膝裏がジリジリ焼けてしまったらもったいないですよね。

3.耳

耳も、意外と日焼けしやすい部分の1つ。特に注意が必要なのは、ショートヘアや、髪をアップにしている女性。髪という厚い”日陰”が一気になくなる分、耳が太陽を浴びたい放題になってしまうからです。

首から上のケアには、もう一手間かけて耳まで意識を向けていきたいところ。たとえ帽子をかぶっていたとしても、基本的に耳は無防備であることを忘れないようにしましょう。

美白は肌以外にも!

Amanda
Photo by Amanda

意外と美白ケアの気が回らないもう1つの部分。それは、口元です。特に唇は紫外線の影響を受けやすく、色がくすんだり、水分が奪われて乾燥・荒れが目立ったりしてしまうこともあります。唇も今の時期からUV対策は欠かせません。

また、ニッコリ笑った時の歯が黄ばんでいる場合も、せっかくの笑顔が台無しに…。口元が疲弊していると、実年齢より老けて見える可能性も高まります。

これからやってくる夏本番を心から満喫するためにも、今のうちからお肌や口元のケアには十分に気をつけたいものですね。美肌と艶やかな唇、そして白い歯を手に入れて、ぜひ最高の笑顔で夏をお迎えください!

(編集・執筆:サムライト


You Might Also Like

ホワイトエッセンス 2015年5月18日