ナチュラル派必見♪ 歯に優しい手作りオーガニック歯磨き粉作ってみた

shutterstock_27775984


オーガニックや自然素材を使用したものに注目が集まる今、食べ物だけでなく、洗剤や石けん、化粧品なども、ナチュラルなもので作られたものを使用している方は多いのではないでしょうか。特に、小さなお子様がいるご家庭では、なるべく体に優しいものを使いたいですよね。

皆さんが普段から使っている「歯磨き粉」を手作りしてみませんか? 材料を揃えるだけで、とっても簡単に作ることができますよ♪ 今回は、重曹を使って作る手作り歯磨き粉を作ってみました!

※本来、歯磨粉として販売されている商品は口腔内の衛生と安全を約束されている「医薬部外品」「口腔化粧品」ですので、歯医者さんはこちらを推奨しています。

材料

IMG_7639 (1)

重曹(食用のもの) 25g
植物性グリセリン 適量
エッセンシャルオイル ペパーミント 8滴
エッセンシャルオイル レモン 5滴
(エッセンシャルオイルは、口の中に入れても大丈夫な商品をお使いください。)

作り方

1. 重曹にグリセリンを混ぜる

IMG_7645

まず、重曹にグリセリンを適量入れます。粘り気が出るまで、様子を見ながら徐々に加えていきましょう。

味見をすると、しょっぱい味がします。この段階でも歯磨き粉として使用することができますが、重曹の塩味が強いため、ここにエッセンシャルオイルを入れて味を調節します。

2. 好みでエッセンシャルオイルを入れる

IMG_7648

香り付けに、エッセンシャルオイルを使用します。今回使用するのは、ペパーミントとレモンのオイルです。お好みのものを入れてアレンジするのも良いでしょう。

ペパーミントオイルで歯磨き粉のスースーとした清涼感を出し、レモンオイルは、ミントの独特の味を抑えてくれます。

エッセンシャルオイルは、たくさん入れると口に入れた時の刺激が強すぎる可能性があるので、少しずつ調節しながら入れるのがおすすめです。

実際に磨いてみた

IMG_7651

完成しました!

テクスチャーはこんな感じです。とろりとした素材の中に、重曹のつぶつぶ感があります。

IMG_7654

では、実際に磨いてみましょう。口の中に入れると、ミントの清涼感と重曹のしょっぱい味がクセになります。初めは慣れないかもしれませんが、磨き慣れれば問題ありません。

泡立たないので、ちゃんと磨けているのかな?と不安になるところですが、10分ほど磨き、口の中をゆすいでみると歯の表面がツルツルに!重曹は着色汚れも落としてくれるので、ホワイトニング効果も期待できそうです。

しかし、重曹は研磨効果が強すぎるので、あまりゴシゴシと長時間磨きすぎるのはやめましょう。手作り歯磨き粉で歯を磨く時は、ほんの少量で大丈夫です。

まとめ

手作り歯磨き粉は、化学物質であるフッ素ラリウム硫酸ナトリウムなどを含んでいないため、お子様にも安心して使用して頂くことができます。

ぜひ一度、ご家庭で試してみてくださいね!

 

ホワイトエッセンス 歯の健康サポート

(編集・執筆:サムライト


You Might Also Like

ホワイトエッセンス 2016年2月9日