磨くだけで歯が白くなる!?ホワイトニングもできる電動歯ブラシがすごい!

電動歯ブラシをもった女性


磨くだけでホワイトニングできる電動歯ブラシ、というものがあることをご存知でしょうか?

電動歯ブラシは最近新たな進化のステージへと入りつつあり、口内環境を正常に保つだけでなく、ホワイトニング機能を備えたものまで登場してきています。超高速振動や特殊形状の毛先で、気になるステインも最短1週間ほどで落ちてしまうそう。驚きですね。

今回は、そんな今流行りの「電動歯ブラシ」についてご紹介しようと思います。

ちまたでは、電動歯ブラシが流行っている?

Bluetooth経由でスマホと連動させ、歯ブラシ自体を自分仕様にカスタマイズできたり、自動データ分析機能で歯磨きスキルを向上させてくれるもの。また毎分40,000回を超える超高速振動で、手磨きに比べて歯垢除去率99.8パーセントUPを達成したものなど、最近の電動歯ブラシは顕著な進化をとげています。

電動歯ブラシの市場規模は2010年から2012年の2年間で約2.4倍拡大し、特に気軽に使える比較的安価な乾電池タイプと充電式の高性能タイプが伸びてきているそうです。

中でも充電式高性能タイプの電動歯ブラシは歯垢の除去のみならず、ステイン除去・ホワイトニング機能を搭載するものも出てきており注目を集めています。今回は、そのステイン除去機能を搭載した電動歯ブラシに迫ります。

歯の着色汚れ「ステイン」

ステインorホワイトニング

ステインとは、簡単に言えば着色汚れのこと。歯の表面のエナメル質にコーヒー、紅茶に含まれるタンニンなどの成分が色素沈着して化学反応を起こし、着色したタンパク質となり、それが蓄積した結果生じます。

コーヒーや紅茶の他にも赤ワイン、チョコレート、緑黄色野菜などでもステインは付着してしまうそうです。ステインの原因となる成分にはタンニン、アントシアニン、ビタミンB群などが挙げられます。

▼歯が黄ばみやすくなる食べ物に関する記事は、こちらをご覧ください。
笑顔美人の大敵!? おいしくてつい食べちゃうけど実は歯が黄ばむ食べ物20選

今回紹介する電動歯ブラシは、そんなステインを除去してくれるなど、すごい機能を搭載しているのです!

ホワイトニングもできる電動歯ブラシ3選

電動歯ブラシ

Panasonic プリニアスマート

まずは市場に出ている中でも最も安価なPanasonicのプリニアスマート(約9,500円)。

毎分約31,000回の音波振動と3つのタイプのブラシで用途に合わせて的確なブラッシングを行います。付属する3つのブラシの中にはステインオフブラシが含まれており、密集したひし形の毛先でステインをかき取ります。また、本体重量が90gなので、長時間の使用でも疲れにくいのが特徴です。

商品詳細はこちら。Amazonで買うならこちら

ブラウン オーラルBプラチナブラック

次に業界最高峰の歯垢除去力を誇るブラウンのオーラルBプラチナブラック(約21,500円)。

特許技術の丸型ブラシが歯を一本一本包み込んで歯垢を除去してくれるそうで、手磨きに比べてなんと歯垢除去率が99.8%も上がるそうです。いったい手磨きってなんだったの!? という気分になりますね。

もちろんホワイトニングブラシもあり、超高速回転・振動でサクっと磨ききります。また、Bluetoothでスマホと連動し、歯ブラシのカスタマイズや歯磨きスキルアップも目指せるという優れものです。

詳しくはこちら

PHILLIPS ソニッケアーフレックスケアープラチナ

最後にPHILLIPSのソニッケアーフレックスケアープラチナ(約26,000円)。

毎分約31,000回の超高速振動に音波水流を加え、これまでの磨きの概念を一新、歯にやさしく効果的に歯垢を除去してくれます。

そしてこちらはホワイントニングブラシでなく、ホワイトモードが搭載されています。強力にステインを除去し、一週間ほどで本来の白さに近い色に戻してくれるそうです。一度は試してみたいところ。

詳しくはこちら

磨きすぎもダメ?白くなるのにも限界がある!

一生懸命みがく

Photo By Jakob Renpening

ホワイトニング機能がついた電動歯ブラシが多数登場してきていますが、磨きすぎには注意が必要です。というのも、もともと人の歯はクリーム色をしているので、歯ブラシだけで一定の白さ以上に達することはできないのです。

ステイン(着色汚れ)には、表面に着くもの歯の内側から生じるものの二種類があります。一般的な表面の着色汚れだと、電動歯ブラシのホワイトニングでキレイになる可能性も高くなります。しかし、歯そのものを白くしたいのであれば、歯科医院で行うオフィスホワイトニングとホームホワイトニングを組み合わせることで、より理想的な白い歯が手に入るでしょう。

磨けば磨くほど歯は白くなる、といったことは残念ながら起こりえないのです。電動歯ブラシを使いすぎると知覚過敏になることもあるので、適度に行い、口内環境の正常を保つという目的を第一に、上手に使用しましょう。

電動歯ブラシによる磨きすぎで知覚過敏に!?

知覚過敏の女性

知覚過敏の正式名称は「象牙質知覚過敏」。歯のエナメル質がダメージを受け、根本の象牙質が露出してしまうことにより、熱などの様々な刺激が直接伝わってしまうという症状です。知覚過敏は歯磨きする際の力の入れすぎ、歯磨き粉のつけすぎ、食後すぐの歯磨きなどが主な原因で起こると言われています。

軽度の場合は、柔らかめの歯ブラシでブラッシングすることにより改善できると言われていますが、悪化している場合は歯科医院で適切な治療を受けましょう。

▼知覚過敏について、詳しくはこちらをご覧ください。
「間違った歯磨き」が問題!? 歯を大事にする人ほど知覚過敏になる落とし穴

自宅ホワイトニングは「電動歯ブラシ」がお手軽!

最近の高性能の電動歯ブラシは、正しい方法で使用することでかなりの効果を得られそうです。

歯科医院に行かなくても自宅で手軽にホワイトニングすることができるので、お財布にやさしいというのも嬉しいポイント。歯の黄ばみが気になってきた方は、まずは電動歯ブラシで歯を磨きながら白くするのも良いかもしれません。

歯ブラシ選びにもこだわって、快適な口内環境を維持しましょう!

 

ホワイトエッセンス 歯の健康サポート

 

(編集・執筆:サムライト


You Might Also Like

ホワイトエッセンス 2015年11月13日