オーラルケアが寿命を左右する!? 知られざる「お口×健康」の関係

オーラルケアが寿命を左右する!? 知られざる「お口×健康」の関係


虫歯予防やお口のエチケットとして、毎日の歯磨きは当たり前に皆さんやっていることだと思います。しかし、口内をキレイにすることには、実はもっと大きな意味があることをご存知でしょうか?

様々な研究やデータにより、口内の状態は体の健康と密接につながっているということが次第に解明されてきました。そのため、最近は医療・介護現場でもオーラルケアへの関心が急激に高まりつつあります。

今回は、そんな今まであまり語られてこなかった「お口×健康」の関係についてご紹介します。いつまでもキレイな健康美人を目指すためにも、オーラルケアについて正しい知識を身につけておきましょう。

口の中が汚いと寿命が縮む?

口を開けた女性

【注意!】オーラルケアを怠ると…

口の中には、約30億もの細菌があると言われます。その数は、肛門よりも多いのだとか。よく歯を磨く人でも1000〜2000億個の細菌が存在し、ほとんど磨かない人になると1兆個くらいになるそうです。ちょっと、衝撃的な数字ですよね。

口内の細菌が増えると、歯周病の原因になります。そして歯周病の怖さは、歯の健康を脅かすことだけではありません。歯周病患者は血糖値が高くなるため、様々な疾病を引き起こす可能性があります。たとえば、糖尿病、心臓病、脳梗塞など…。妊娠中の女性の場合は、低体重児出産になるケースもあるそうです。

「私は毎日歯磨きしているから大丈夫」と思ったあなたも、要注意。日本人の成人の約80%が歯周病だというデータもあります。ちょっと歯磨きをサボっただけでも、すぐに歯周病予備軍になると考えておいた方がいいでしょう。

健康長寿の秘訣は口内にあった!

最近、医療・介護の現場でもオーラルケアが注目され始めています。以前は体の健康と比べて要介護のお年寄りの「お口の健康」が見過ごされがちでしたが、オーラルケアが生命維持に直結する、つまり寿命を左右すると分かってきたからです。

抵抗力が弱まっているお年寄りがオーラルケアを怠ると、増えた細菌によって、通常ではほとんど病気をおこさないような病原体で発症する日和見感染症にかかりやすくなります。他にも、感染症心内膜炎、敗血症、虚血性心疾患、誤嚥性肺炎などの大病にかかる可能性があり、非常に危険です。

また、細菌の増加を抑えること以外にも、オーラルケアには大きな役割があります。それは、認知症の予防です。口内が汚いと食欲の低下を招き、咀嚼力が弱まり、認知症の進行を招きます。それは裏を返せば、オーラルケアが健康に長生きする秘訣であるということです。

「歯の曲がり角」は30代にやってくる

30代女性の歯

「自分はまだ大丈夫」と思っていたら危ない

「なんだ、お年寄りの話か…」と思ったあなたも、油断は禁物です。「お肌の曲がり角」だけでなく、「歯の曲がり角」も30代にやってきます。急に肌の衰えを感じ始める人が増えるのと同じように、30代は虫歯や歯周病にかかる人も一気に増える時期なのです。

「老い」は口の中にも訪れます。年齢を重ねるごとに歯は老化し、歯肉も下がってきます。それを考えると、10代や20代のように「虫歯ができたら歯医者に行く」だけのケアでは十分とは言えません。

だからこそ、30代がオーラルケアの始め時。健康で長生きするためには、このスタートが肝心です。「まだ若いから大丈夫」とは思わずに、歯が健康なうちにこそ、きちんと丁寧にケアを行なっていきましょう。

「予防歯科」という考え方

予防歯科と言う言葉をご存知でしょうか。以前は虫歯や歯石などの具体的な症状が表れてから歯医者に行く人がほとんどでした。しかし今、悪いところが見つかる前ではなく、悪くなる前に対策を打つ予防歯科の考え方が広まりつつあります。

成人の歯は「一生もの」。髪の毛のように、どんどん生えてくるものではありません。歯が健康なうちに適切なケアを始めることが大切です。そうすれば、一気に歯にガタが来て、入れ歯や差し歯だらけになる…なんていう悲しい未来を防げます。

年をとっても自分の歯がたくさん残っていると、全身疾患のリスクが低く、認知症にもなりにくくなります。つまり、健康的に長生きできるのです。そしてそのために動くのは「今」。改めて自分の歯磨き習慣などを見直すとともに、歯医者でクリーニングを受けるなど、対策を講じていきましょう。

まとめ

健康的な女性
30代のオーラルケアは、20年後の健康に大きく関わってきます。年齢に負けない健康的な美しさをつくるカギは、オーラルケアにあると言っても過言ではありません。

「毎日歯を磨いている」という方も、ぜひ一度ご自身のケア方法を振り返ってみてください。そして、「最後に歯医者に行ったのはいつだっけ…」という方は、一度ぜひ専門医でオーラルケアを受けてみましょう。

 

ホワイトエッセンス 歯の健康サポート

(編集・執筆:サムライト


You Might Also Like

ホワイトエッセンス 2015年1月28日