GW明けはストレスで歯が黄ばむ!? 口内にも表れる「五月病」の症状とは

五月病×歯


新生活がスタートしたと思ったらもう5月半ば。多くの方が新しい環境に慣れてきた時期なのではないでしょうか。

はりきって毎日を過ごしているうちは、からだに溜まった疲れを感じにくいものです。しかし、だんだん落ち着いてきた頃に、溜まっていた疲れがどっと押し寄せてきます。そうです、「五月病」と言われるものです。5月は、無気力や食欲不振、不眠などからだの不調を訴えるひとが多い季節なのです。

知らなかった!「五月病」と「口元」の関係

ストレス×歯
五月病がもたらすこころや体調の不良は、実は口元にとっても悪影響でした。では、五月病によって一体歯にどんな症状が表れるのかを見ていきましょう。

歯周病

実は、この時期は「歯周病」になるひとが多くなるのだそうです。

食欲不振になったり、倦怠感におそわれたりする時期は、からだの抵抗力も落ちています。また、体調が悪いときは唾液の分泌も少なくなり、それに伴い歯の再石灰化洗浄作用といった機能が低下してしまいます。歯周病は細菌の感染によって引き起こされる病気ですので、からだが弱っているこの時期に感染も進みやすくなってしまうのです。

歯ぎしり

五月病による体調不良は、自律神経の乱れが関係しています。また、自律神経が乱れると、私たちはストレスを感じやすくなります。そのストレスによる厄介な症状のひとつが、歯ぎしりです。

歯ぎしりによって健康的な歯が一時的に横方向に揺らされてしまった場合、歯に余計な負担がかかって歯を傷つける危険があります。また、ストレスで神経も過敏状態になるので、歯痛が生じるケースも考えられます。

噛み合わせ

ひとはストレスを受けると、無意識に歯を噛みしめてしまうことがあります。そして、噛みしめや食いしばりの回数が特に多いのが、睡眠中です。寝ている間に長時間にわたって歯に過剰な力が加わることで、噛み合わせが悪くなる上に、エナメル質が摩耗されて知覚過敏を引き起こしてしまう場合もあります。

さらに、噛み合わせが悪くなると、そのせいでまたストレスを招くという悪循環に陥ることも少なくありません。しかも、寝ている間に無意識のうちに悪化してしまうものなので、原因に気付きにくい点が非常に厄介です。

黄ばみ・汚れ付着

ストレスで唾液の分泌量が低下すると、歯の色にも悪影響を及ぼすことがあります。唾液の力が弱まることで口腔内の洗浄作用が落ち、細菌が増殖するので、歯の表面に汚れが付着しやすくなるのです。その黄ばみが蓄積されると、歯磨きだけでは落とせない頑固な汚れが定着してしまいます。

歯が黄ばんでいると、ニッコリ笑ってもあまり健康的に見えません。そればかりか、美容面でもマイナスに働き、鏡にうつった自分の顔を見てさらにストレスを感じる…という悪循環に陥ることも考えられます。

ストレスに負けない、キレイな歯を

自律神経×ストレス×歯
知らないうちに口元がひどい状態に!なんていうことは避けたいですね。そこで、五月病のダメージを受けない、健康な口内環境をつくるためのポイントをご紹介します。

よく噛んで食べる習慣をつける

口腔内の洗浄作用に大きく影響するのは、やはり唾液です。唾液が少なくなると細菌が増殖し、虫歯や歯周病、歯の表面への汚れの付着等が進んでしまいます。ものを食べる際によく噛むことで、唾液の分泌を促進することができます。

ストレスが溜まると、ひとは早食いをしてしまいがち。忙しくても食事の時間はしっかり確保し、ゆっくりとよく噛んで食べ、口の中が乾かないよう意識しましょう。

自律神経を整える

「どうも疲れが取れない」「最近イライラする」「あまり眠れない」などからだの不調を感じたら、自律神経が乱れているというサインかもしれません。からだを温めて新陳代謝を上げ、副交感神経が優位になる時間をつくりましょう。

食物繊維を多く含む食べ物は、副交感神経の働きを促してくれます。また、酸っぱいもの・辛いものにも同様の効果があります。食べ過ぎには注意ですが、毎日の食事に意識して取り入れてみましょう。

それから、水分を摂ることも大切です。水分は消化器系を刺激してくれるので、自律神経を整えるのに効果的。特に生姜湯や黒豆茶、赤ワインや日本酒などはからだを温めてくれるのでおすすめです。

おわりに

ストレスフリーの健康美人
現代社会でストレスを避けて生活することはほぼ不可能です。自分のからだにきちんと気を配り、自律神経をコントロールすることで「ストレスフリー」な毎日を心がけましょう。こころもからだも、そして「口元」も、健やかで美しい状態がいちばんですよね!
ホワイトエッセンス 歯の健康サポート
(編集・執筆:サムライト


You Might Also Like

ホワイトエッセンス 2015年5月11日