【歯茎から血が……】歯磨き中にトラブル!?今すぐできる対策と対処法

shutterstock_147161495


歯磨きをしていると歯茎から血が出た、というようなたぐいのトラブルは、多くの人が経験したことがあることかもしれません。痛くないし、まあいいか。と思って放置することがほとんどかと思うのですが、これらの症状が長く続く場合、ブラッシングの方法が間違っていたり、すぐにでも歯医者で診てもらわなければいけないくらい、症状が悪化しているかも。

今回は、歯磨き中のトラブルとその原因、対処法について、ホワイトエッセンスにお勤めの大河原典果(おおかわらのりか)先生に教えていただきました。ぜひ、お家での歯磨きの参考にしてみてください。

歯磨き中に歯茎から血が・・・

shutterstock_294710648

みなさんにも、歯磨き中に歯茎から血が出たことが、一度や二度はあるかもしれません。

でも、それが毎日。または、頻繁に起こっている方は要注意です。

原因

歯ぐきに炎症がおこっている、いわゆる歯周病が原因です。正常な歯ぐきでは、歯ブラシが触れたくらいでは血は出ません。

歯ぐきの炎症は、歯垢と歯石がついていることにより起こります。勘違いされやすいのですが、歯垢は食べかすではなく細菌の塊です。歯石は歯垢が石灰化といって硬くなったものです。これらが歯ぐきに炎症を引き起こし歯周病となります。歯ぐきからの出血は、歯周病の症状の一つです。

そうでない場合は、強く磨きすぎ、歯ブラシの硬さが硬すぎなどの要因も挙げられます。

対処法

歯周病の根本療法としては、歯垢と歯石をとることです。歯垢は、デンタルフロスや歯間ブラシなど、清掃補助用具を使用したケアをすることで除去できます。しかし、自ら手作業で行うことですから、100%歯垢を落としきることは不可能です。どんなにがんばって磨いても、残ってしまった歯垢が石灰化し、歯石になります。歯石になってしまうと歯ブラシではとれないので、歯科医院でクリーニングをし、できるだけ早く取ってもらうことが必要です。

歯ぐきからの出血があるときに、歯磨きはしないほうがいいですか?
と患者さんからよく質問がありますが、原因である歯垢をとるために、歯磨きはしっかりするのが正解です。ただし、歯ぐきに炎症がおこっているので、歯磨き時に歯ぐきが痛むようでしたら、いつもよりもやわらかめの歯ブラシを使って優しく歯垢を落とすのがよいでしょう。

出血がおこっている場所を念入りに、歯間ブラシやフロスをつかって歯磨きをすると、1週間以内には出血がなくなります。出血が続くようでしたら、歯ぐきの中に歯石がある可能性が高いので、早めに歯科医院を受診してください。

歯磨きをすると歯が「キーン」と痛む

shutterstock_198052919

歯磨きをしていると歯がピリッと痛む。これは、知覚過敏や虫歯の症状かもしれません。

原因1:知覚過敏

日常生活の中で、歯は徐々に擦り減っていきます。また、悪い噛み合わせにより歯が削れてしまったり、歯ぐきがやせて、歯の根が露出してしまっている部分に歯ブラシが当たると、キーンと歯が痛むことがあります。いわゆる知覚過敏です。

この時、痛いからといって歯磨きをおろそかにしてしまうと逆効果です。痛い時には、柔らかめの歯ブラシで優しく、弱い力で小刻みに歯ブラシを動かすように歯を磨くと、軽度の知覚過敏なら1週間ほどで痛みが治まります。弱い力でも、歯垢はしっかりと落とせるので安心してください。

歯ぐきが大きくやせている場合は、歯磨き時の痛みが続くことがありますので、歯科医院を受診してシミ止めの薬を塗ってもらうなどの処置をしてもらいましょう。

原因2:虫歯

知覚過敏ではなく、歯磨き時に歯が痛む場合の原因には虫歯が考えられます。虫歯は、歯の内部で大きくなるので、外側からみて穴が開いてないように見えても、実は歯の内部で虫歯が進んでいた、ということが多いのです。

知覚過敏か虫歯かというのは、自分では判断が難しいと思いますが、歯を磨いて1分以上続く痛みの場合は虫歯の可能性があります。また、1週間ほど歯が痛む場所を念入りに磨いても、まだしみるようなら歯科医院で診断してもらいましょう。

口内トラブルで困ったら、プロに相談しよう!

歯医者は、「虫歯になったから行く場所」「歯周病になったから行く場所」というわけではありません。虫歯や口内の病気にならないように、あらかじめチェック、ケアを受けることもとても大切なことです。これを予防歯科といい、日本ではまだあまり浸透していないのが現実です。

特に30代を過ぎると、口内環境をより良く保つために、歯医者に通うことがとても重要になってきます。歯磨き中に少しでも違和感があったら、むやみに自力でなんとかしようとせず、まずは歯医者さんに相談してみましょう!

▼こちらの記事も合わせてごらんください。
【徹底解説】“バス法”で歯周病対策!歯科医師に聞いた、本当に正しい歯磨きの仕方

 

ホワイトエッセンス 歯の健康サポート

(編集・執筆:サムライト


You Might Also Like

ホワイトエッセンス 2016年1月1日