【キレイな女性はやっている?】夜はマスクをして寝たほうがいい5つの理由

【キレイな女性はやっている?】夜はマスクをして寝たほうがいい5つの理由


花粉症シーズン真っ只中で、「昼も夜もマスクが手放せない!」という方も多いはず。でも実は、そのマスクをつける行為は花粉をブロックするだけでなく、美容や健康にも良いということを知っていましたか?

特に夜は、マスクをしてからお布団に入ると良いのだそう。今回は、その理由を5つに分けてご紹介します!
さて、あの人気女優も実践している「夜マスク」の効果とは一体…?

1.風邪の予防になる

風邪薬と水
これは皆さん御存知の通りだと思いますが、マスクをつけて寝ることで風邪を予防できます。まだまだ空気が乾燥している時期ですが、マスクの中は保湿力が高まるので、喉が痛くなることもありません。睡眠中に喉の乾燥が気になる方は、ぜひ実践してみてください。

また、マスクには風邪の菌をブロックする働きも。睡眠中は、起きている間よりも自律神経の活動が抑えられるため、空気中のウイルスや細菌が喉の粘膜に付きやすいそうです。マスクをつけていればそのリスクを回避できる可能性が高まります。

2.口臭予防ができる

寝る前にしっかり歯磨きをしても、朝起きたら口の臭いが気になって仕方ない…。そんなことはありませんか?ドキッとした方は、ぜひマスクをつけて寝てみましょう。

寝ている間に口の中が乾燥すると、唾液の分泌量が減ってしまいます。これは危険信号です。「唾液=汚い」というイメージを持つ方もいるかもしれませんが、実は唾液には口内を細菌の繁殖を抑え、口内を清潔に保つ力があります。細菌が増えると口臭の発生につながるので、就寝中の口臭予防にもマスクはオススメです。

▼口臭が気になる方は、コチラもの記事もどうぞ!
口臭の原因は口内にあらず!?今、多くの女性が悩む「腸内口臭」とは

3.口呼吸を鼻呼吸に改善できる

鼻で深呼吸する女性
日常生活でついクセで口呼吸をしてしまう方にも、睡眠時のマスク装着は有効です。マスクをすると何だか息苦しいと感じるかもしれませんが、口だけにマスクをつけて寝れば、自然と鼻呼吸を促すことができます

鼻呼吸は、免疫力が上がる、顔色がよくなる、小顔効果がある、などメリットだらけです。逆に口呼吸は百害あって一利なし。口呼吸のクセがあるなら、これを機にマスクで治してしまいましょう。

4.体が温まる

冷え性の女性にも、寝る時のマスクはオススメです。マスクを付けた際に温まるのは、実は口元だけではありません。体全体を温めることもできるのです。鼻から夜の冷気を直接吸うと、鼻の奥の細胞が冷えて脳まで冷気が届き、脳の温度が下がります。そのせいで、体全体が「寒い」と感じるようになるのです。マスクを付ければそれを回避し、体が温まって安眠にも繋がると言われます。

また、臓器が冷えると機能が低下し、免疫力も下がってくるそうです。そのことを考えても、夜の冷え込んだ空気はできるだけ直接取り込まない方がよいでしょう。

5.口元の美容効果がある

ほうれい線と唇の乾燥が目立つ女性Photo by cerosunos

マスクの中では、自分の息の蒸気でスチーム効果が生まれます。密閉された空間では効率よく保湿することができるので、朝起きた時には口元の肌がモチモチになっているのを実感できるはずです。

特に、唇の乾燥ほうれい線が気になってきた方は、ぜひマスクを有効活用しましょう。マスクを付ける前にクリームや美容液を多めに塗っておくと、さらなる効果アップを期待できます。寝ている間にキレイになれるので、時短美容術の1つとして考えても良いと思います!

まとめ

「たかがマスク」と思う方もいるかもしれませんが、そのパワーを侮ってはいけません。マスクをして寝るだけで今よりも健康で美しい体が手に入る…と思ったら、試してみたくなりませんか?実際、女優やモデルとして大活躍中で、毎年「世界で最も美しい顔100人」にも選ばれる佐々木希さんは、暑い夏の夜でもマスクをして寝ているそうです。あれだけキレイな女性が実践している方法ですから…きっとその効果は確かなはず!

まずは騙されたと思って、1ヶ月間くらい「夜マスク」を続けてみてください。もしかしたら、花粉シーズンが終わっても「もう夜もマスクが手放せないっ!」と思うあなたがいるかもしれませんよ。

 

ホワイトエッセンス 歯の健康サポート

(編集・執筆:サムライト


You Might Also Like

ホワイトエッセンス 2015年3月23日