【キスまで待ったなしの緊急時!】30秒間で口内環境を“美女モード”にする方法

romantic happy couple kissing in the cafe


今日は、前から楽しみにしていた、気になる彼とのデート。
共通点も多く、話が盛り上がる2人。しかし、ふとした瞬間に会話が途切れ、静寂が訪れます。
すると、どちらからともなくお互いに寄り添い、2人の指が徐々に触れ合うように…。

距離がグッと近づき、彼と目が合った瞬間。
あなたは少し恥ずかしそうに視線を落としながら、こう思うはずです。
(あぁ、キスされる…)

しかし、ここで急に心配になってくるのが、自分の口臭です。
(私の口、ちょっと臭わない!?)
(今、このままキスしたら、ヤバいかも…)

このように、突然訪れた「キスされそうなシチュエーション」で焦った経験はありませんか?初めてのキスなら尚更、完璧な口元で臨みたいもの。でも、いくら口臭が気になるからと言って、こんな時に「ちょっと歯磨きしてくるね」と言うわけにもいきませんよね。

そこで今回、「キスまで待ったなし」の緊急時に、どうにか口内環境を改善して「美女モード」にできないものかと、編集部で対策を考えてみました。

「キスはちょっと待って」から「さあキスして」の状態へ

「キスしそうな雰囲気」になったら、大人の女性ならなんとなく察してしまいますよね。そうなると、2人の唇が重なるまでに残された時間はもうほとんどありません。一旦、30秒で口臭を消すことを目標としましょう。

わずか30秒で、自信を持ってキスできる口内をつくれる(であろう)方法を、3つご紹介します。

1. 舌回し体操

編集部が最も有力な方法だと思うのは、「舌回し体操」です。これはその名の通り、舌を口の中でグルグルと回すだけ。でも、実際に思い切りやってみると、すぐに大量の唾液がでてくることがわかります。唾液には殺菌作用があり、口臭の原因となる口内の細菌を減らしてくれるそうです。

バッグから何かを取り出そうとするふりをしながら、少しでも彼に彼に背を向ける時間をつくり、全力で舌を大暴れさせてみてください。15秒でもかなりの効果があるという噂の舌回し体操。これでキスの準備はバッチリかも??

ただし、最中は誰もがブサイクな顔になってしまうので、その点だけは要注意。
この姿、間違っても彼には見られてはいけません。

▼参考動画はこちら

2.銀のスプーンをなめる

Alessandro Valli
Photo by Alessandro Valli

カフェやレストランにいる場合に、割と簡単にできそうな対処法がこちら。「スプーンをなめるだけで、何が変わるの?」と思われるかもしれませんが、実は意外にも効果があるようです。

口臭の原因の1つには、「揮発性硫黄化合物」という物質があります。硫黄は「銀と反応すると違う物質に変化する」ため、銀のスプーンをなめることで、臭いの原因物質を消してしまおう、というわけです。(スプーンが銀製でない場合は無意味ですが…)

ちなみに、テーブルにコーヒー用の角砂糖があれば、それを1つ口の中に放り込むのもオススメ。甘いものは唾液腺を刺激し、大量に唾液を出すことができます。さらに、キスの味も甘〜くなって、まさに一石二鳥です。

3.手持ちのドリンクを飲む

お茶を飲む女性
ペットボトルやマイタンブラーで、いつも飲み物を持ち歩くというあなた。大事なデートの時は、その中身を下記のいずれかにしてみましょう。そして、キスの前に隙を見計らって、ちょっと口に含んでください。(念のため、「のど渇いちゃった」と一言添えてから飲むとよいでしょう。)

▼緑茶
緑茶と言えば、カテキン。抗菌作用の強い茶カテキンで、口臭予防が期待できます。茶葉から淹れた緑茶のほうがカテキン量は豊富ですが、用意できなければ市販のペットボトルのお茶でもかまいません。

▼ウーロン茶
殺菌作用のあるタンニンを含むウーロン茶も、口内雑菌の数を抑制してくれます。また、ウーロン茶にはエナメル質を保護し、虫歯予防になるフッ素も多く含まれるため、歯にも良いそうです。

▼ココア
ココアには、ポリフェノールが豊富に含まれています。ポリフェノールには抗酸化作用があり、口臭の元となる活性酸素を抑制します。ココアなら、甘いモノ好きの可愛らしい女性という印象を持たせつつ、緊急口臭対策ができますね。

さて、専門家の見解は・・・

ここまで、編集部が「これぞ!」と思った3つの方法をご紹介しました。
しかし、これらは果たして本当に口臭対策として有効なのでしょうか?歯科医師の岡本真理子先生ホワイトエッセンス銀座の総括院長)に、その真偽を確かめてみました!さて、先生の反応は・・・?

大切なのは「口臭の原因」を知ること

岡本:いずれもユニークな口臭対策ですね。私もぜひ試してみたいと思います。すべて間違いというわけではありませんが、歯科医師の立場としては、「臭いの原因は何か?」という点にもっと注目してほしいですね。

口臭の原因は、大きく分けて3つ。【1】虫歯・歯周病などの口内の病気【2】口内の乾燥【3】舌苔(ゼッタイ)の汚れです。他にも、「胃などの内蔵疾患」も口臭の原因と言われますが、こちらは内科の診察をおすすめします。自分の口臭の原因を知りたければ、歯科医院の口臭測定器で検査を受けてみましょう。原因がわかれば、正しい口臭対策を行うことができます。

原因別の口臭対策

岡本:虫歯や歯周病が原因の場合、言うまでもなく歯科医院での治療が必要です。また、病気にならずとも歯間の汚れが臭いの原因になることもあるので、普段からフロス歯間ブラシでケアをしたほうがいいですね。また、3か月に1回のペースで歯のクリーニングを受けることをおすすめします。もちろん、口臭対策にも効果は抜群です。

口内が乾燥して口臭がする人は、まず口呼吸の改善を意識してください。鼻呼吸をすれば、口内を唾液で潤すことができます。ペットボトルを常備し、口内を潤す意味で水分を口にすることも大切ですが、頻繁にやりすぎると依存性が高まり、逆効果になってしまうこともあるので注意しましょう。

最後に、舌の上にある「舌苔(ゼッタイ)」から口臭が発生している人は、何より舌のお掃除が大切です。ただし、歯ブラシでゴシゴシこするのはNG。舌を傷つけて、味覚障害を引き起こしてしまうことがあります。専用のジェルとクリーナーを使って、汚れを浮かせて優しく落としてあげる方法がおすすめです。

まとめ

キスする前の男女
30秒で口内をどうにかしようとすることではなく、普段からまず自分の口臭の原因を理解しておくことが大切なんですね。その上で、デート前には舌のケアを念入りにしておくといいのだとか。今回の内容を頭に入れて、次のデートではいつキスされても大丈夫なように、万全の準備を整えてから臨みましょう。(そして、万が一「ヤバイ!」と思った時には、編集部おすすめの3つの方法もぜひお試しください!)

 

ホワイトエッセンス 歯の健康サポート

(編集・執筆:サムライト


You Might Also Like

ホワイトエッセンス 2015年7月2日