ソバカスもすきっ歯もチャームポイント?「素」にこだわるフランス美女

ソバカスもすきっ歯もチャームポイント?「素」にこだわるフランス美女


美女大国の1つと名高い、フランス。「美人が多い国ランキング」でも常に上位をキープしています。

今回は、そんなフランス美女の秘密を探るべく、彼女たちのスキンケアライフスタイルについて調べてみました。

最先端のコスメやメイク方法が出てくると思いきや、見えてきたのは肩肘を張らず、「素」の美しさにこだわる人生観。日本の女性も学べるところがたくさんあるので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

フランス流のスキンケアとは?

スキンケア用品
Photo by Julia P

肌への優しさにこだわる、クレンジング&洗顔方法

一般的に肌が薄いと言われるフランス女性。また敏感肌の人も多く、クレンジングでは刺激の強いオイルタイプを避け、肌に優しいミルクタイプやクリームタイプを好んで使う傾向にあります。

洗顔料も同様で、肌への刺激が少ないものが人気。中には石鹸も何も使わずに洗う人もいるのだとか。「しっかり汚れを落とすこと」を好む日本人と違い、フランス女性は「落とし過ぎないこと」にこだわります。

化粧水は使わない?シンプルな保湿ケア

フランスは乾燥しやすい国なので、女性たちは保湿に力を入れています。しかし日本女性と違い、「化粧水→乳液→美容液…」なんて細かいケアはしません。

フランス流のスキンケアは、至ってシンプル。化粧水は使用せず、保湿力の高いクリームを塗ればもう完了です。ただし、オーガニック植物性の成分など、使用するケア用品の中身には強いこだわりがあります。

「素」の美しさを魅せるメイク

そばかすのある少女
Photo by Loren Kerns

フランス女性は、厚塗りメイクを好みません。日本のように1から10までの完璧なメイクはせず、「マスカラだけ」「グロスだけ」などのポイントメイクが主流です。洗顔後に色付きの保湿クリームを塗るだけ、なんて人も結構多いと言います。

ファンデーションを使う際も、薄付きタイプのものを選び、塗ったかどうか分からないくらいの自然な感じに仕上げます。それからフランスでは、ソバカスもチャームポイントの1つ。あくまで素の自分を活かしたメイクにするのがフランス流なのです。

「口元美人」がフランス美女の証?

フランス女性は、口紅もあまり塗りません。その代わり、ふっくりした艷やかな唇への情熱には並々ならぬものがあります。素敵な笑顔の口元美人になるために、こまめにリップケアをしたり、リップエステに通ったりしているそうです。

しかし、欧米の国としては珍しく、フランス人にはあまりへのこだわりは強くありません。ホワイトニングなどのケアは一般的ですが、すきっ歯の矯正などはしないそうです。むしろフランスではすきっ歯を「幸運の歯」と呼び、美人の象徴とする文化があります。

華やかなイメージとは違う、「自然派」のライフスタイル

自然の中にいる女性
Photo by Jorge Mejía peralta

フランス女性は服を10着しか持たない?

昔から「フランス人はファッションセンスが良い」と言われてきました。それは本当のことらしく、幼少期にはもう自分に似合う服を熟知しているそうです。

ただ、「オシャレ好きなら服も沢山あるはず!」と思いきや、パリジェンヌたちは意外と服にお金をかけません。着回しする服は10着程度と少なく、1週間に同じ服を2回着ることも珍しくないのだとか。

個性的な服を着て目立つよりも、普遍的な服を色々とアレンジして着回せる人の方が、オシャレ上級者と見られているようです。

「美食大国」なのに、太った女性が少ないのはナゼ?

フランス女性の肥満率は10%と、世界的に見てもかなり低め。グルメな人が多く「美食大国」とも呼ばれる国なのに、なぜスリムな女性が多いのでしょうか?

その答えは、フランス流のバランスがとれた生き方にあります。彼女たちはとにかくおいしく食べることを大切にしていて、体重はあまり気にしません。旬のフルーツやオーガニック食材を積極的に摂る、ゆっくり一口ずつ味わって食べる、たくさん食べた次の日は食事の量を減らす…といった簡単な方法で、太りにくい体をつくっているのです。

おわりに

オシャレで華やかなイメージとは裏腹に、シンプルなライフスタイルを貫くフランス女性。本物の「自分らしさ」を追求するその姿勢は、同じ女性から見てもカッコイイですよね。

「素」の美しさを引き出すフランス流の生き方を、あなたもできるところから取り入れてみませんか?

 

ホワイトエッセンス 歯の健康サポート

(編集・執筆:サムライト


You Might Also Like

ホワイトエッセンス 2015年1月28日