あなたの顔はたまご型?5つの顔型別にみる表情筋ストレッチ

顔型別表情筋ストレッチ


顔には沢山の表情筋があり、それらは口輪筋とつながっています。

ここでは顔型別に予想されるお悩みをご紹介し、どこの表情筋を鍛えれば改善されるのかまでご説明いたします。

顔と表情筋

顔型別ワンポイントアドバイス

丸顔型

丸顔型

二重アゴになりやすい

頬が緩みやすく、二重アゴになりやすいのが悩みです。つまり頬に余分な脂肪がつきやすいからです。頬筋のストレッチでたるみをリフレッシュすることをおすすめします。

たまご型

たまご型

下マブタがたるみやすい

バランスがとれた美形といわれていますが、老化が目立ちやすいのが欠点。頬の弾力を失うと、老化が顔全体に表れやすくなります。上下のマブタもたるみやすいため、眼輪筋のストレッチから始めるといいでしょう。

逆三角型

逆三角型

頬と口角が下がりやすい

人気顔のシャープなアゴも、年齢とともにアゴの肉がたるみやすく、口角も下がってきます。素敵なアゴを維持していくためには、口角下制筋のストレッチがおすすめです。

面長型

面長型

下頬の垂れ下がりに注意

間延びした顔にならないために、アゴの周りから首にかけての筋力を引き締めて鍛えましょう。太ると首周りに肉がつきやすくなります。頬筋、咬筋を重点的にストレッチしましょう。

四角型

四角型

口の周辺のシワやミゾに注意

エラがはり、顔全体はたるみにくいのですが、口の周りに負担がかかるため、口元がシワやミゾになりやすくなります。鼻の下から円状に囲んでいる口輪筋のストレッチが効果的です。

参考:http://www.hand-clap.com/topics/oldtopics/0312_hyoujoukin/topic03_10_4.html

 

ホワイトエッセンスで顔全体をマッサージするのも非常に効果的ですよ。

オーラルリフレクソロジー


You Might Also Like

ホワイトエッセンス 2016年9月16日