あなたは間違えてない!? 本物の「美」の土台をつくる正しい基本ケア

あなたは間違えてない!? 本物の「美」の土台をつくる正しい基本ケア


はじめに

あなたにとって「」とは何ですか?メイクファッションなどでキレイに見せることでしょうか。

どんなに外見を美しく見せようとしても、土台がしっかりしていなければ、年齢を重ねるうちにどこかでガタがきてしまいます。そうならないためには、日々の基本ケアの積み重ねが欠かせません。

しかし、実は意外と多くの女性が間違ったケアを続けているもの。そこで今回は、特に間違いやすいスキンケア・オーラルケア・ヘアケアの3つを取り上げます。これを機に基本に立ち返り、正しいケアができているかどうかを確認してみませんか。

1.間違いやすい、スキンケアの基本

化粧水

洗顔は、3つの「◯◯すぎ」に注意!

1.洗いすぎ

本来、肌は自ら潤いをキープする力を持っているもの。しかし顔を洗い過ぎると、潤い成分(皮脂)が必要以上に落とされ、肌が乾燥してしまいます。洗顔の回数は1日2回までにしておきましょう。

2.こすりすぎ

肌をゴシゴシ洗うと、角質が傷つきます。すると肌が刺激に弱くなり、乾燥肌敏感肌になりやすくなります。洗顔ではフワフワの泡を作って、こすらず肌を包み込むように優しく洗いましょう。

3.温度が高すぎ

顔はぬるま湯で洗うと良いよく言いますが、実は「ぬるめのお湯」という感覚では温度が高すぎます。適温は32度くらいと、かなり低め。(乾燥肌の人は26〜28度とさらに低くなります。)顔を洗う際は、「水よりは多少あったかいかも?」くらいがちょうど良い温度なのです。

保湿の教えは嘘だらけ?

意外と間違う女性が多いのが、保湿ケアの方法です。まず、化粧水や美容液はとろみがあるから保湿効果が高いわけではありません。テクスチャーの濃さを基準に選ぶのはやめましょう。

また、乾燥が気になる際に使うミスト系の商品は、逆に肌から水分を奪う可能性大。実際には、スキンケアで使う乳液を少量なじませる方がよっぽど効果があります。

2.意外と誤解が多い?オーラルケアの知識

歯を磨く女性

念入りに歯磨きする人ほど、ハマりやすい落とし穴

歯磨きの後に糸ようじをしている人は、今すぐやめましょう。掘り出した食べカスが他の歯に付着し、かえって虫歯になりやすくなります。糸ようじを使うなら、歯磨きの前がおすすめです。

それから、歯磨きの後にたっぷりの水で念入りに口をゆすぐというのも実はNG。ゆすぎすぎるとフッ素効果が弱まるので、本当は少量の水で1回ゆすぐだけで良いのです。

「歯を白くする=クリーニング」ではない

欧米に比べて「オーラルケアの意識が低い」とよく言われる日本でも、次第にクリーニングホワイトニングがメジャーなものになってきました。しかしまだ、この2つを混同している人も多いようです。

クリーニングとは、虫歯や歯周病などの原因となる歯石歯垢を取り除くこと。一方のホワイトニングは、歯に染み込んだ有機性の着色成分を分解・漂白すること。「もっと白い歯にしたい」という場合、歯科で受けるべきはホワイトニングです。

3.知らないと髪を傷める原因に!ヘアケアの基本

女性の後ろ髪

トリートメントだけを重視しても意味がない

美しい髪をつくるには、実はシャンプーがとても重要です。ダメージを補修するために高いトリートメントを購入して、シャンプーを安いもので済ませる…というのは、おすすめできません。

安いシャンプーは洗浄力が強すぎるので、髪を傷めてしまします。いくら潤い成分たっぷりの高級トリートメントを使っても、傷んだ髪には浸透しません。髪が傷んでいる人ほど、注目すべきはシャンプーなのです。

タオルドライで「ごしごし」は厳禁!

お風呂あがりに、濡れた髪をごしごし拭くのもNGです。それは髪をイジメているも同然。せっかくお風呂で念入りに髪のケアをしても、ここで髪を傷めてしまっては元も子もありません。

タオルドライは、優しく水分を吸い取る動作が基本。タオルを頭にかぶせて1〜2分押し当てるだけでも、半分以上の水分を吸収できます。残った水分は、タオルで髪の毛をはさんでポンポン軽く叩くけばOKです。

おわりに

鏡を見る女性たち

メイクや衣服と違って、体は簡単に取り外しができるものではありません。だからこそ、日々の正しいケアの積み重ねが重要になります。

今回ご紹介した内容で、もし間違ったケア方法をしていたと気付いたなら、今日からすぐにでも行動を変えましょう。美は一日にしてならず。本当に美しい女性になるためには、正しい方法でコツコツ努力することが必要です。

クリーニングならホワイトエッセンス

(編集:サムライト


You Might Also Like

ホワイトエッセンス 2015年1月29日